FC2ブログ

ホーム目覚め ≫ 甥の名言「人間はどんな選択をしても後悔するもの。だから・・」

甥の名言「人間はどんな選択をしても後悔するもの。だから・・」


今日は甥っ子(高3)の名言をひとつ紹介します。

甥の母親である私の妹が人生を振り返り

「あの時ああしていれば良かった・・」

「この時もこうしておけば良かった・・」

「違う選択をしていたら、今とは違う人生になっていたかも・・」

と過去の選択を後悔していたら、甥っ子が・・

人間っていうのは どんな選択をしても 必ず後悔するようにできている んだから、もしお母さんが別の選択をしていたとしても、今頃は同じことを言ってるよ。

と言ったそうです。
これはまったくその通りで、自我に囚われている人間の脳は 事実はどうであれ、「選択しなかった方がよくみえる」 という機能があります。

自我とペインボディは痛みを糧にしていますから、どんな状況でも痛みを伴う判断をして、実際に痛みの感情をこしらえます。

ですから、どんな選択をしていても、結果を後悔するものです。

そこを踏まえて、甥は続けてこう言ったそうです。
  ↓
人生が楽しかったと思うなら、運が良かった、恵まれていたと感謝すればいいし、

辛かったと思うなら、よく頑張ってきたなと自分を褒めればいいんだよ。


含蓄深いお言葉ですなぁ・・。まだ高3だというのに、どこの長老なんだと驚きました。

さて、「別の選択をしていれば、今頃はもっと幸せだったのに・・」と思うからこそ後悔しますよね。

本当にそうかはわかりません。

もしかしたら、その別の選択をしていれば、実際にはもっと不幸になっていたかもしれないし、甥の言うとおり、何をやっても後悔するのが自我の特性です。

いずれにしても別の選択をしていたら・・は検証不可能ですから、考えてもムダで無意味ですね。

そして、後悔とは過去に起きたことですから、過去に意識を向けて過去に縛られていますよね。

つまり、 「今この瞬間」というかけがえのない人生苦痛に満ちたものにして台無しに してしまっています。

エックハルト・トール師の言葉に

それは起こるべくして起きました。

なぜならば、それが起きたからです。

というものがあります。

これ以上ないほどシンプルで、的を射る言葉ですね。

確か「さとりを開くと人生はシンプルで楽になる」に書いてあったと記憶しています。何ページに書いてあったか興味のある方は自分で読んで探してみてくださいね。(すまんな、ワイは探すのめんどくさいんじゃ)

後悔から自由になるために


それでは、どうすれば後悔から解放されて自由になれるのでしょうか?

それは・・

今、幸せになることです

後悔しているということは、今が幸せではないということです。

今が幸せであったなら、過去の失敗も痛みも、すべては今の幸せのために起きたのだと心から納得できます。

すべては恩寵であった・・

気づき、後悔や恨みが、感謝に変わります。

今この瞬間に幸せを実感することは可能です。

幸せというより、もっと広く深い意識状態である 静寂、平安、愛を感じることは今この瞬間に可能です。


でも・・でも・・

という抵抗があるなら、今から幸せになるように出来ることからやっていけばいいですよ。

小さなステップの積み重ねで、幸せへの道を歩き始める選択をしましょう。

それを禁止しているのは誰か?

なぜ止めるのか?

できないと言っているのは誰か?

なぜしたくないのか?


自分の中にネガティブな感情と不幸を求める何者かがいると気づいたら、あなたはショックを受けるかもしれない。

これは他人の場合の方がわかりやすく、自分の中にもそれがあると気づくためには進んだ意識が必要だ。

一度不幸に支配されると、あなたは不幸を終わらせたくないと思うばかりでなく、まわりの人間も同じように惨めにして、彼らのネガティブな感情的反応という糧を吸収したいと思う。

エックハルト・トール著「ニューアース」P160


進んだ意識でペインボディを解放していきましょう。

あなたに恩寵が訪れますように。。

ウユニ塩湖1

今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

今この瞬間にポチッとな!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ



Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル