ホーム目覚め ≫ 「嫉妬」という感情

「嫉妬」という感情


皆さまお久しぶりです。m( _ _ )m
超お久しぶりです。
マジでご無沙汰しておりました。

この「嫉妬」の記事は、あるクライアント様に
「ブログに書きますね」と約束したにも関わらず、ずっと書かずに時間が経ってしまいました。

クライアント様は笑って許してくれていますが、本当に申し訳ないです。

しっかりと書かせていただきます。

嫉妬」は一般的に「醜い感情」とか「良くないもの」として語られることが多いですね。

でも、そうとばかりはいえないんですよ。

ほかの感情と同じように、「嫉妬」にもありがたい側面があります。

マイナス面ばかりに注目していては、とても「もったいない」ので、今日は「嫉妬」のプラス面をお伝えしたいと思います。

なぜ嫉妬の感情が起きるのか


そもそも、なぜ私たちは嫉妬するのか?

「比較」をするからですね。

誰かの状況や状態と比較しなければ、嫉妬の感情も出てくることはありません。

比較して、自分の方が「足りない・劣っている・負けた」などと感じたときに、言いようのない欠乏感とともに、怒りや悲しみ、悔しさ、恨みなどの感情が混ざり合って、対象となる人や状況・状態に向けられていきます。

では私たちはなぜ「比較」するのか?

ぶっちゃけ 根本原因 は 「分離感」 です。

「分離感がある」=「『自分』という分離した感覚がある」=「本来の自分は何者か?を忘れている」 

なんですね。

分離の逆である 「ワンネス」 の状態であれば、そもそも自分も他人もいないわけですから、比較のしようもありません。

けれども、それが原因だと言われたところで・・

じゃあどうすればいいのさ!?
今すぐワンネスにしてくれい!!ヽ(`Д´#)ノ

と私も何度思ったことか・・

ま、恩寵待ちですね。(≧◇≦)マジか~!

嫉妬」と「憧れ」


さて、冒頭で 「嫉妬にもプラスの面がある」 と書きました。

嫉妬さんとも上手に付き合っていけたら、とても楽になると思いませんか?

そのためには、嫉妬さんの持つプラスの面も知って、認めてあげることが大切です。

ここでひとつ、例え話をしましょう。

少年野球の少年選手が、イチローや大谷翔平選手に 嫉妬 するでしょうか?

おそらく 嫉妬の感情は感じないでしょう。

嫉妬ではなく「憧れ」を感じるのではないでしょうか?


では同じ大リーグの、実力が近い選手だったらどうでしょう?

もしかしたら、イチローや大谷翔平選手に激しい嫉妬を覚えるかもしれません。


「嫉妬」 と 「憧れ」 

両方とも、今の自分と相手を比較して感じる感情ですね?

でも、そのふたつの感情には、えらい違いがあります。

その違い、いまの例え話で、少しわかってきませんか?

「さげすみ」 と 「尊敬」


私たちは 嫉妬 しているとき

「なんであんな人が!? あんなやつが!?」

という気持ちになっていませんか?

つまり相手を自分よりも下に見ている、馬鹿にしている、蔑んで(さげすんで)いる

そうではないでしょうか?

では、誰かに 憧れ の感情を抱いたときはどうでしょう?

「尊敬」 を感じているのではないでしょうか?

嫉妬を感じているときは、

相手が自分よりも劣っているにも関わらず、自分が欲しいもの・状況・状態を得ている

と思っているのでしょう。

だから悔しいのです。

憧れは、今の自分にはとうてい到達できない、突き抜けた実力がある、と認めた人に対して感じます。

まとめると、

「嫉妬」は、今の自分でも 手が届く と思える人に対して感じ

「憧れ」は、今の自分では 手が届かない と思える人に対して感じる


と言えるのではないでしょうか?

何に興味があるのか?何が欲しいのか?


フィギュアスケートの羽生結弦選手が金メダルをとったとき、5chにスレッドが立っていました。

いつもなら、嫉妬・妬み・ひがみのコメントが溢れるのに、この時ばかりは違いました。

「俺、こいつのこと嫌いだったけど、もう認めざるを得ないわ」

「嫉妬すら湧いてこねえ。マジですごいわ」

という絶賛のコメントで溢れていました。

コメントを書いた若者たちは、同じフィギュアスケートの分野にいたわけではないのに、それまでは嫉妬していました。

羽生結弦選手の 容姿・人気・強い精神性 などに嫉妬していたのです。

自分が欲しいと思っているものを、
自分よりもたくさん持っている
と思わせる人に対して嫉妬を感じるのですね。


ところが、それまで嫉妬していた人たちは、羽生選手が怪我をしたにも関わらず、見事に克服して優勝した姿に圧倒され、

「こんなに血の滲むような努力をしているのだ」

と気づき、認め、嫉妬から尊敬へと気持ちが変わっていったようです。

また、恋愛では嫉妬はつきものです。

自分が好きな(興味がある)男性が、自分ではなく、他の女性に気持ちがあると知ったとき、激しい嫉妬を感じることがあります。

しかし、その相手の女性が、いろいろな点で自分よりも遥かに優れていると認めたときは、「これはとても敵わない」と嫉妬も湧いてこず、諦められることが多いようです。

しかし、自分がなんとも思っていない(興味がない)男性なら、その人が誰とどのような恋愛をしていようが、まったく関心がなく、何も感じません。

つまり、「嫉妬」は、

自分が何に興味があって、何が欲しいのか?
を教えてくれる感情なのです。


「嫉妬」と「憧れ」が教えてくれること


そろそろ締めましょう。

「嫉妬」や「憧れ」は、自分が興味を持っていること・欲しいと思っているもの・事柄は何か?

を教えてくれます。

そして、

「嫉妬」は、相手を蔑んでしまうほど、今の自分でも手が届くと思える範疇で感じる感情。

「憧れ」は、今の自分ではとても手が届かず、敵わない、すごい!と尊敬できる人に対して感じる感情。

このようになります。

なので、もし嫉妬を感じたら、自分は何に興味があって、何を欲しいと思っているのか?

を確認することができます。ノートに書き出してみると、よりわかりやすいでしょう。

そして、それは「今の自分にも手が届く範疇にある」と感じているのですから、努力次第で到達可能なのだ!と教えてくれています。

「憧れ」は、「わくわくする目標」に設定できるでしょう。

いずれにしても、「自分の理想」の状態や状況があるからこそ、感じる感情ですね。

あなたの理想はなんですか?

理想とする状況や状態、生き方は?

あなたが本当に心の底から欲しいものはなんですか?

本当の望みを自覚していますか?

答えはイエスであり、ノーでしょう。
しばらくの間、自分が何を求めているか考えてみましょう。

もっとお金が欲しいのですか、それとも借金を少なくしたいのですか?

家族や友人とよりよい関係を持ちたいのですか、それとも自分だけの特別な愛の関係を始めたいのですか?

より健康になりたいのですか、あるいはせめて苦しみや痛みが消えることを望んでいるのですか?

成功したいのですか、それとも少なくとも失敗だと感じることをやめたいのですか?

もっと自由な時間を持ち、プレッシャーが減ることを望んでいるのですか?

新しい車、新しいドレス、新しいステレオ、新しい髪型、新しい人生を望んでいるのですか?

リストはいくらでも長くなりそうです。

本当にこういった物事を、望んでいるのですか?

それとも、これらの物事が象徴する幸せを求めているのでしょうか?

その幸せが、こうした物事の仲介なしに達成できるとしたら、どうでしょう。

セドナメソッド「人生を変える一番シンプルな方法」P126より


嫉妬を機会に、ぜひご自身の本当の望みにアクセスしてみましょう。

FSC_ranankyurasuarenjiment_TP_V4.jpg

今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル