ホームスポンサー広告 ≫ 無意識の設定に気づき、解除する方法とは?ホーム感情解放 ≫ 無意識の設定に気づき、解除する方法とは?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ

無意識の設定に気づき、解除する方法とは?


「人から良い評価をされなかった」 それどころか、「ダメ出しをされた」 「罵倒された」

「ほかの人は良い評価を受けている」 「ほかの人は楽しそうだ・幸せそうだ」 etc・・etc・・

そんなとき、あなたはどんな感情を感じますか?

その直前に、あなたの思考はなんと言っていましたか?

今日はよくある思考の声と、無意識の設定について、そして、その設定の解除の仕方まで書いてみます。

まずは思考に気づくこと


さて、前述の

「人から良い評価をされなかった」 「ダメ出しをされた」 「罵倒された」

「ほかの人は良い評価を受けている」 「ほかの人は楽しそうだ・幸せそうだ」 などなど・・

ですが、そう思った瞬間に 「ある種の感情」 を瞬時に感じませんか?

傷ついた感じ、落ち込み、怒り、悲しみ、惨めさ・・

などのネガティヴな感情ではないですか?

ではなぜ、ネガティヴな感情を感じたのでしょうか?

感情が発生する直前に、ネガティヴ・否定的な 「思考」 が発生していたはずです。

そして、あなたはその 「否定的な思考」 を 「信じた」 のではありませんか?

あなたが 「信じている思考」 が あなたの 「無意識の設定」 になっています。

その 「無意識の設定」 が、あなたの現実を 「その設定通りに」 創っていきます。

「ネガティヴ・否定的な設定」 が、「ネガティヴな現実を創造」 します。

身体は頭のなかの声が語る物語を信じて反応する。

この反応が感情である。


そして今度は感情が、感情を生み出した思考にエネルギーを供給する。

これが観察も検討もされない思考と感情の悪循環で、感情的な思考と感情的な物語づくりにつながる。


エックハルト・トール著 「ニューアース」P150より引用



「物語」というのは、「思考が語る話」のことです。 まあ、「思考」ですね。

「ネガティヴな思考」 を 「信じる」 から 「ネガティヴな感情」 が発生します。


「人から良い評価をされなかった」 「ダメ出しをされた」 「罵倒された」

とき、あなたの思考はなんと言いましたか?

自分には能力がない・・

なにをやってもうまくいかない・・

だから、自分は、ダメなんだ・・

自分はなんてダメな人間なんだ・・


などなどの、自己否定の思考が出てきませんでしたか?


「ほかの人は良い評価を受けている」 「ほかの人は楽しそうだ・幸せそうだ」

それに比べて自分は・・

ほかの人より劣っている・・

ダメなやつだ・・



こんな感じではないですか?

「設定」ですね。

それを信じたからこそ、ネガティヴな感情が発生したのではありませんか?

まずは、それらの感情を発生させた 「思考に気づいて」 ください。

様々な観念・思い込みに洗脳されている


それでは、なぜ、「ダメだ」という思考が発生したのでしょうか?

・人から評価されることは良いことだ。

・人から評価される=自分は価値ある人間だ。

反対に

・人から評価されない・悪い評価をされることは悪いことだ。

・人から評価されない・悪い評価をされる=自分は価値がない。

また

・ほかの人は良い評価を受けている。

・ほかの人は楽しそうだ・幸せそうだ。

それに比べて自分は・・

劣っている=価値がない

人それぞれいろいろあるとは思いますが、大体はこんな感じでしょうか。

これ、ぜ~んぶ、洗脳ですから!

今までの人生の中で、親や学校教育、社会の風潮などから教え込まれてきた 大嘘 なんです。

「洗脳?大嘘?そうは思えない・・。本当な気がする。
評価されるのは良いことでしょう?
評価される人は価値があるでしょう?」 

って、思うかもしれませんね。

わかります。

わたしも昔はそうでした。

どんなことでも、自分の価値 に結びつけて 考えていました。

それは、価値が有る・無い という 二元の世界 の住人だったからです。

相対的価値と絶対的価値


そもそも、「なにかと比べる」 「人と比べる」 ことがなければ、こんなことは起きるでしょうか?

「比べて判断する」 というのは、「相対的」なものですね。

平均的な大きさのリンゴがあるとして、それに比べて大きい・小さい

それが 「相対的」 な世界観であり、物質的な世界では便利な基準になります。

ですから、比べたり、相対的な価値基準・判断が悪いわけではありません。

物質的な物事を測る便利な ものさし ですから。

ですが、それを私たち人間や、生きとし生けるものすべての生命そのもの にまで適用し、「無意識に設定してしまう」 ことで、苦悩が生まれます。

「設定通りの現実」 を自ら創り出し、「ほらね、やっぱり・・。やっぱり自分はダメなんだ」 となります。

自分で掘った落とし穴に自分で落ちて、「ほらね、やっぱり・・」というわけです。

私たちは本来、絶対的な領域の存在です。

このあたりのことは、なかなか納得するのは難しいかもしれません。

たとえば、桜やチューリップ、バラ、椿など、様々な花を思い浮かべてみてください。

どれが一番美しいとか、優れているとか、ありませんよね?

また、一本の満開の桜を思い浮かべて見てください。

わたしたち人間は、一本の桜の木の、たくさんの枝先に咲いている、ひとつひとつの花のようなものです。

隣の枝に咲いている桜の方が優れているのでしょうか?

上の方に伸びている桜のほうが、下の方の枝先の桜より、美しいのでしょうか?

そんなふうに嘆き悲しみ、自分はダメだと言っている桜の花を見たら、あなたはどう思いますか?

「みんな同じなのに、なぜ?」

と思いませんか?

JS745_piinksakura_TP_V.jpg

足が速いとか、遅いとか、勉強ができるとか、できないとか・・

ひとつの小さな単位で比べることは便利ではありますが、

人間の総合的な価値とは、なんの関係もありません。

あなたは一生、人と比べて一喜一憂する、相対的な世界で、これからも生きていきますか?

終わりのない苦悩の世界です。

欲望には限りがなく、満足することはないからです。

そうではありませんか?


そんな 「ネガティヴな無意識の設定」 に気づいて解放し、そろそろ二元の世界から卒業してみませんか?

感情がカギになる


頭ではわかるんだけど・・

そうですよね?

皆さん、頭が良いのです。

頭では、理屈では、理性では、わかっています。

でもね・・

こんな話を聞くと、な~んか、イライラしませんか?

理屈はわかるんだけど、なんだか受け入れたくないような、怒りや不安を感じるような?


なぜでしょう!?

そこに 未浄化の感情 があるからです!!

親から・人から認めてもらえなかった・傷つけられた・愛してもらえなかった・否定された・・・

など、過去に閉じ込められたままの未浄化の感情・・

怒り・憎しみ・恨み・悲しみ・不安・恐れ・・

などが、あなたの中にたくさん抑圧されて残っているからなのです。

感情は、理屈や理性よりも、強いエネルギーを持っています。

これが、わたしたちを、いつまでも暗い二元の世界に縛り付けている接着剤の役割を果たしています。

まずは、それらの感情を解き放ってみましょう。

時間はかかるかもしれません。

でも、一度解放された感情は、もう戻ってくることはありません。

ある出来事にたいする怒りを、今日、手放せる分だけ解放したとします。

数日経ってから、またそのことに対する怒りが出てきたとしても、それは戻ってきたわけではありません。

解放される準備が出来た感情から、順番に出てくるのです。

一度では解放できなかったというだけで、ちゃんと少しずつでも減っていきます。

100個の不用品があるとして、ひとつ見つけて断捨離したとします。

翌日、もうひとつ見つけたからといって、昨日断捨離した不用品が戻ってきたわけではありませんよね?

「恨んでいたい」という気持ちが強いときには、なかなか手放せないでしょう。

ですが、「もういらないや・・」と納得したとき、一気に手放すチャンスが来ます。

ご自身の中になる、つらく、苦しい感情に気づいてください。

できれば、その底にある 「思考=無意識の設定」 にも。

その 「思考の嘘=嘘の設定」 に気づいたとき、一気に 「感情が解放される」 こともあります。

まずは内観によって、「感情」 と 「思考」 を見張ってみてください。

気づいてみてください。

「無意識の設定」 を解除しましょう。

「気づき」 が、あなたを 「揺らぐことのない平安」 という絶対領域に、自然に導いてくれますよ。

USniranohana_TP_V.jpg


今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。