FC2ブログ

ホーム感情解放 ≫ 感情は「流す」のではなく、「流れていくのを見送る」

感情は「流す」のではなく、「流れていくのを見送る」


前回の記事 恐怖に怯えるあなたへ の続きになります。

感情は「積極的に流すのではない」んですよ。

川の流れを眺めるように、ただ 「流れていくのを見送っていく」 だけです。

積極的に流そうとするのは抵抗です。排除しようとする行為ですね。

それでは感情は留まってしまいます。

前回の男性の体験から出た言葉をもう一度、思い出してみましょう。

男性 「その感情に抵抗しなければ、私はもっと流れるようで、そして・・

感情は排除しようとしなければ、ただ私の中を流れて・・」


ケイティ 「人生はマインドとともに流れ、マインドは人生とともに流れる」

男性 「私が今までこの感情を押し込めて、感じないようにするのに、どれだけ努力していたか。

どれだけ逃げたくて隠れたかったかに気づいたのは素晴らしいです。

ただこの感情を取り除こうとしていました。」


これですね。

その感情に何もしなければ、

「悪いものだという決めつけ・判断・ジャッジ」がなければ、

「悪い感情だから取り除かなければ」という

抵抗、排除しようとする行為がなければ

感情はただ、流れていきます。

嬉しい、楽しい、などの感情があっという間に過ぎ去っていくのは、嬉しい・楽しいという感情に抵抗がないからです。

排除しようとしないからです。


流そうとせず、ただ、流れていくのをそのまま見送ります。

AMEIMG_6968-thumb-autox1600-24127.jpg

川を見ていて、上流から葉っぱが流れてきたとしましょう。

どうしますか?

流そう!とか、取り除こう!としなくても、自然に流れていきますね。

それと同じです。

川をせき止めるとダムになります。

感情に抵抗するのは、せき止めることになります。

感情をせき止めると、感情のダムができます。

とくに抵抗している感情は貯まり続けていきます。

実際のダムは生活の役に立つし、定期的に放水するなどの管理がなされますが、抵抗した感情のダムは役立ちません。

それどころか、ペインボディの糧になりますし、いつか不健全な形で決壊するでしょう。

難しく考えない


このような話をすると、必ずふたつの反応があります。

ひとつは、ただ、「『そうか』とそのまま受け入れて実践する」。

もうひとつは、「『どうすれば、流れていくのを見送ることができるようになるのか』 と考えてしまって実践できない」。

結果は明らかでしょう。

「どうすれば自転車に乗れるようになりますか?」と聞かれて、あなたなら何と答えるでしょう?

「乗れるようになるまで練習したらいいですよ。最初は転びますが、ちゃんと乗れるようになりますから」と答えるのではないでしょうか?

では、「どうしたら、そう思えるようになるのですか?」と聞かれたらどうでしょう?

困りませんか?(笑)

わたしは、「そんなに難しく考えないで、練習していれば乗れるようになりますから」と答えます。

自転車は、考えて乗れるようにはならないからです。

「感情を見送る」のも、それと同じですね。

でもなかには、「それなら、どうすれば練習したら乗れるようになると、思えるようになるんですか?」などと、延々と「どうしたら」が止まらない方がいます。

「考え・思考が解決する」と思っているのでしょうね。

でも、残念ながらそれでは解決しませんね。

「考え続けて、自転車に乗れるようになると思えたら、乗れるようになった」

そんなことはないですね。

ただ、自転車に乗れるようになりたいと思って、練習したら乗れるようになりましたよね?

ですから、考えないでください。

思考や感情を自然に流せるようになる練習をするのであれば、瞑想が良いでしょう。

長時間の瞑想をしたいのであれば、指導者についたほうが安全です。

自分でやるなら、1分~10分くらいの短い時間で、ちょこちょこ気楽に練習すると良いですよ。

気楽に気長に・・

はやく結果が欲しい、と焦って結果に執着すると、うまくいきません。

「急がば回れ」で遊び半分の気持ちでやってみましょう。

AME_IMG_6990_TP_V.jpg

今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル