FC2ブログ

ホーム目覚め ≫ 思考に巻き込まれなくなったあとの「次の段階」とは?

思考に巻き込まれなくなったあとの「次の段階」とは?


皆さま、(⊹^◡^)ノo゚。*ご機嫌麗しゅう。。

GWですねぇ・・。
ソエジマはどこにも出かけませんが、皆さまが健やかにお過ごしくだされば幸いです。
 
さて、今日は前回の記事 → 思考に巻き込まれないようにするには? の続きです。

その後、実践されましたでしょうか?

まだですか?
大丈夫です。人生は意外と長いですからね。
ホント、イヤになるほど長いっす!・゜・(ノД`)・゜・

昔から「思い立ったら吉日」と申しますように、思い立ったら、気が向いたら、でいいですよ。

次の段階とは?=意識のギアチェン


さて、思考観察の実践を続けていくと、思考との距離が少しずつ開いてきて気づきやすくなり、気づきの状態が長くなっていきます。

気づきの状態の常態化ですね。。状態だけにね、常態化。。( ̄▽ ̄;)

そして、しだいに受容が起きてきます。

しだいに抵抗がなくなってきます。

すると今度は、次の段階があることに気づき始めます。

これですね。

ひとたびネガティヴな思考、感情やリアクションが起こったら、それはあるがままに受け入れてしまうしかありません。

しかし、これは、「わたしには、選択する自由があるんだ」 と、わかるほど意識のレベルが高まっていない時の話です。

これは批判でもなんでもなく、たんなる事実です。

あなたにもし選択する自由があるなら、または、自分に選択する自由があるとわかっていたら、苦しみと喜びのどちらを選びますか?

安らぎと不安のどちらを?

平和と争いのどちらを?

あなたにとって自然である、幸福や生きることの喜びを切りはなしてしまう思考や感情を選ぶでしょうか?

~中略~

しばらくのあいだ、この受容を実践していると、次の段階である

「ネガティヴなものをこしらえないレベル」に進むべきだと、感じる時がやってくるものです。

~中略~

ほんとうの受容は、ネガティブな感情を、たちどころにまったく別のものに、変えてしまえるのです。

もしなにもかもが「オーケーである」とほんとうにわかっているなら(もちろんこれは真実です)

そもそもネガティブな感情を抱くでしょうか?

決めつけがなければ、「すでにそうであるもの」に対する抵抗がなければ、ネガティブな感情も、わき上がってくるはずがありません。


エックハルト・トール著 「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」
P111~112より抜粋

しばらくのあいだ、この受容を実践していると、次の段階である

「ネガティヴなものをこしらえないレベル」

に進むべきだと、感じる時がやってくるものです。


もしなにもかもが「オーケーである」とほんとうにわかっているなら

(もちろんこれは真実です)

そもそもネガティブな感情を抱くでしょうか?

決めつけがなければ、

「すでにそうであるもの」

に対する抵抗がなければ、ネガティブな感情も、わき上がってくるはずがありません。


これです!
もうね、この部分だけでも腑に落ちると人生変わりますよ、ホントに。


「すでにそうであるもの」

に対する抵抗がなければ

よく言われているように、「抵抗」 がすべての苦しみの原因です。

「あるがままに対する抵抗」 ですね。

「抵抗しない」 「あるがままを受け入れる」 とは、困難に出会ったときに何もしない、ということではありません。

できることはすべて実行します。

しかし、こころの抵抗なく実行するということです。

そのあたりは「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」のP113以降にも詳しく書いてありますのでご参考までに。

これが理解できて腑に落ちるとき、意識のギアチェンが起きます。

意識のシフトチェンジですね。


MT車の運転をなさる方なら、体感覚的にもわかりやすいかもしれません。

クラッチを切って、ギアをシフトしていく、あの感覚です。

意識にもシフトがあります。

車を運転しない方なら、自転車に乗れるようになったときのことを思い出すと良いでしょう。

自転車に乗れるまで、頭で考えても乗れなかったでしょう?

体が覚えてくれるまでは、ひたすら練習の繰り返し。

そして、ある瞬間に突然、乗れるようになりますね。

一度、乗れるようになれば、その後は乗れなくなることはありません。

それがシフトです。

気づいていれば、気づきの状態にあれば、突然シフトして、腑に落ちる瞬間がきます。

今日もお読み下さり、ありがとうございます。(*・∀・)ノ.ア☆.リ。ガ.:ト*・°

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル