ホーム目覚め ≫ どうしたら楽になれるのか?ではなく・・「正しい質問をする」

どうしたら楽になれるのか?ではなく・・「正しい質問をする」


「どうしたら楽になれるの?」

「どうやったら理解できるようになるの?」

「どうやったら目覚められるの?」

皆さん、よくそうおっしゃいます。

んでもね、そうじゃないんですよ。

質問が違うのね・・。

え?どゆこと??(・ω・*≡*・ω・)?

正しい質問をする


人の目覚めが揺れ動くとき、その人は私にこう訪ねます。

「私はどうやって目覚めた状態に留まるのでしょうか」。

これは間違った質問です。

スピリチュアリティにおいては、正しい質問をすることが重要です。

どうやって目覚めた状態に留まるのかと思うことは、まったく理にかなったことですが、その質問それ自体は、夢の状態から起こっています。

スピリットは決して自分自身に「私はどうやって自分自身の内部に留まるのか」とは、尋ねないものです。

そうであれば、滑稽でしょう。

物事の本質から来ていれば、それはただ無意味です。

もっと意味のある事は、どうやって人は自分自身を‘‘目覚めから追い出すのか’’を尋ねることです。

まだ執着していることはなんですか。

なにがまだ混乱しているのですか。

自分のどんな状況のせいで、真実ではなく、矛盾、苦しみ、分離へとあなたを導く物事を、あなたは信じるのでしょうか。

意識全部を夢の状態の重力圏へと戻すパワーをもっているのは、特に何なのでしょうか。


私たちは「どうやって私は目覚めに留まっているのか」と尋ねるべきではありません。

代わりに、「どうやって私は自分自身を目覚めから追い出すのか。どうやって‘‘特に’’私は自分を幻想へと戻してしまうのか」と尋ねるべきです。

この質問への答えは一つではありません。

なぜなら、理由が一つでないからです。

人々がそれをするやり方も一つではないからです。

人々が夢の重力圏に引き戻されるには、多くの理由があります。

それは、まだ稼働している無意識の想定と信念パターン、どういうわけか目覚めの爆発的性質を生き延びてそれ自体を再構築した無意識の対立、そして様々な形の条件付けなどです。

ここでのプロセスは、自分自身と正しい関係になること、そして自分を分離の夢へと戻してしまう原因を深く見ることです。

あなたはまず、自分を夢に戻してしまう特定のやり方、特定の思考を突き止める必要があります。

アジャシャンティ著「あなたの世界の終り」P53~引用


ご理解いただけたでしょうか?

何度も繰り返しお読みください。

まとめると・・

「私はどうやったら楽になれるのか?」ではなく、

「私はどうやったら(どうなったら)苦しむのか?」

それを考察して突き止めましょう!ということですね。


いかがでしょうか?

そのほうが、はるかに明晰になれると感じませんか?



今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル