ホーム目覚め ≫ 放っておけるのなら、放っておきましょう

放っておけるのなら、放っておきましょう


いま、どんな気持ちを感じていますか?

嬉しいですか?

楽しいですか?

穏やかですか?

幸せですか?

安心していますか?

もし、そのような感情を感じているなら、それを「そのままに」しておけますか?

たぶん、そのまま放っておけるでしょう。

むしろ、ずっと取っておきたいかもしれません。

でも、もし、そうではない感情のときには?

そのまま放っておけますか?

抵抗せずに放っておくと・・


つらい気持ち・・

苦しい気持ち・・

怒り・・悲しみ・・不安・・焦り・・

そのような感情を感じているとき、「そのまま」放っておけますか?

なんとかして取り去りたい!手放してしまいたい!と思いますよね?

そんなネガティブな感情を感じることには「抵抗」して、「放っておけない」ですよね?

そんなときには、「感情に向き合う」というレッスンが有効になります。

でも、もしあなたが、それらのつらい感情を「喜びなどの気持ちの良い感情」と同じくらい「抵抗せずに放っておける」としたら?

いったいどうなるでしょうか?

これはパラドックスですが、じつは・・

「向き合おうとすること」=「とらわれること」

に、なりかねないんですね。

それが悪いと言っているのではありませんよ。

とらわれてはいけない、と言っているのでもありません。

向き合ってはいけない、と言っているわけでもありません。


どうしても辛くて苦しくて、あるいは不安で、または悲しみに押しつぶされそうで、どうしようもないとき・・

どうしても「放っておけない」とき・・

そんなときだってありますよね。。

そんなときには、きちんと感情に向き合って解放してあげることが有効です。

しかし、次の段階があります。

解放が進んでくると、どんな感情も放っておけるようになります。

抵抗しなくなります。無抵抗です。

すると、とらわれなくなります。

感情は留まることなく、すぐさま、通り過ぎて行きます。


あなたを苦しめるネガティブな思考も放っておけるようになり、あなたは思考や感情に振り回されなくなります。

まずはそこまで、つまり、どんな思考も感情も、「そのままにして」「そのまま体験できる」ようになるまで、「無抵抗で放っておけるようになる」まで、解放を進めてみませんか?

bsTATSUDSC_8161.jpg

今日もお読み下さり、ありがとうございます。゜。(*-ω人).゜。

☆*:;;;;;:*☆ТНАΝК У○∪☆*:;;;;;:*☆

Ads by Google


 

応援クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
Copyright © セラピールーム《クオリア》 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル